無利息の適用条件

初回限定や一週間だけなど適用条件が存在しているのが一般的ですが、中には初回限定だけではなく一週間無利息キャッシングをしているところもあります。業者によっても変わってくるのでよく確認をしておきましょう。そこでどのような適用条件が存在しているのかを見ていきたいと思います。主な条件としては、メールアドレスを登録することです。

簡単に言えばメールアドレスを使って会員登録をすることなのですが、このような条件を設けている業者もあります。また、日にちごとに返済日を設定することを条件にしていることもあるのですが、適用条件というのは他の業者と全く同じというケースは少なくなっているのです。その業者でのみ設定されている条件という場合が多いので、事前の確認は欠かせません。

他にも借りている分を全額返済した翌月に再び無利息で借りることができるという条件を設けている業者もあるのです。これは初回限定だけではなく、何回でも30日以内であれば無利息になるという業者が設定をしています。中には金額の上限を設けているところもあるのです。5万円までであれば対象としているなどの条件が存在していることもあるので、無利息の適用条件も比較しておかないといけません。

初回限定が殆ど

通常消費者金融というのは、利息分をメインの収益としているのが一般的です。そのため、利息が全く徴収できなくなると、売り上げに大きく影響してしまうと言えるでしょう。それならばなぜ無利息キャッシングというサービスを導入しているのかというと、より多くの人に利用してもらいたいからです。お金を借りる人というのは、当然お金に困っている人になります。

そのため、返済が厳しい人もたくさんいるので、このようなサービスを導入している業者であれば利用してもよいと考えている人が多いためだと言えるでしょう。しかし、毎回無利息にしていては、かなり売り上げが下がってしまうので、どこの消費者金融であっても無利息なのは初回のみとなっているのが一般的です。中には初回だけ利用して、また別の業者を利用する人もいるでしょう。

もちろんこのような人だけではなく、審査などが面倒なので、多少利息を支払ってでも同じ消費者金融を利用したいという人もいるのです。ただし、全ての消費者金融が初回限定で無利息としているわけではありません。中には無利息キャッシングを導入していない業者もありますし、回数制限を設けていない業者もあります。まずはどの消費者金融を利用するべきなのかを検討するため、情報収集を行いましょう。

無利息の消費者金融

通常お金を借りた場合には、利息を上乗せして返済するのが一般的です。しかし、消費者金融などのサイトを確認すると、よく無利息という言葉を見かけることがあるでしょう。実際に利息分を返済しないで借りた分だけを返済することが可能なサービスを導入している業者があるのでしょうか。これは合計で30日間のみ無利息になるというサービスなのです。例えば6月1日に契約を行ってお金を借りたとしましょう。この場合、7月1日までに返済すれば無利息となるのです。

ただし、この30日というのは業者によって多少変わってしまうこともあるので注意しましょう。業者によっては6月5日に契約を行ってお金を借りた場合、6月30日までが無利息の期間となってしまうこともあるので、事前に確かめておかないといけません。また、通常無利息期間は30日になっていることが多いのですが、この無利息期間も業者によって多少変わっている場合があります。基本的に消費者金融を利用した場合には、30日になっていることが多いでしょう。

ちなみに消費者金融が最も多く無利息期間を設けるサービスを実施しているのですが、無利息期間を設けていない業者もありますし、一部分の銀行でも実施されていることがあります。しかし、一般の人がお金を借りる場合には、クレジットカードか消費者金融を利用することが多いので、この無利息期間を活用してみるべきでしょう。当サイトでは消費者金融についての情報を提供していますが、主に無利息キャッシングについて触れています。